季節を感じられる国内の旅行も楽しいものです。

( Page 1 / 14 )12345...»

近江八景を訪ねて その2

近江2日目に1番に訪れたのは三井寺です。実は前日行ったのですがとっぷりと暮れてしまって何も見えず引き上げたのでした。三井の晩鐘ですから夕方来て鐘の音を聞きたいものですが日程が詰まっているのでそうはいきません。2015-10-18 07.41.54

鐘はお堂に収まっていて今でも毎夕撞かれているそうです。

2015-10-18 08.23.152015-10-18 07.54.48

三井寺の境内には「弁慶の引き摺り鐘」という伝説の鐘があります。

山門との争いで弁慶が奪って比叡山へ引き摺り上げて撞いてみると ”イノー・イノー”(関西弁で帰りたい)と響いたので、 弁慶は「そんなに三井寺に帰りたいのか!」と怒って鐘を谷底へ投げ捨ててしまったといいます。 鐘にはその時のものと思われる傷痕や破目などが残っています。  三井寺HPより

2015-10-18 08.15.49

またこのお堂の内部に湧き水があり、その水が天智・天武・持統天皇の産湯に使われたそうです。それが三井寺の名前の由来になっているとか。

2015-10-18 08.13.59

次は松間の雨の唐崎神社に周りました。ここは琵琶湖に面し駐車スペースも数台分といった小さな神社です。しかし境内ということもあって管理は行き届き堂々とした松に圧倒されます。

2015-10-18 09.13.342015-10-18 09.13.45

最後に堅田です。ここには琵琶湖に張り出した「浮御堂」があってそこからは琵琶湖の景観が広く眺められます。ここに雁の飛ぶ姿に趣を感じた昔の人の感性を受け継ぎたいものです。琵琶湖の北方には比良山が望めます。まだ秋で雪はありませんでしたが、琵琶湖の水と遠景の雪の山の景観はさぞ良いものでしょう。

2015-10-18 11.51.092015-10-18 11.53.052015-10-18 11.56.31

Travel,国内 このページの一番上へ

近江八景を訪ねて その1

四国からの帰途プラス1泊で近江を訪ねました。

幕末に生まれ大正明治の新聞人漢詩人である大江敬香の漢詩「近江八景」で詠われている琵琶湖周辺の景勝地を見たかったのです。近江八景は歌川広重による浮世絵により広く知られています。

近江八景 大江敬香

堅田(かただ)の落雁 比良の雪
湖上(こじょう)の風光 此処に治まる
煙は帰帆(きはん)を罩(こ)む矢走(やばせ)の渡
風は嵐翠(らんすい)を吹く粟津の洲(しま)
夜は寒し 唐崎 松間(しょうかん)の雨
月は冷たし 石山 堂外の秋
三井の晩鐘 瀬田の夕べ
征人 容易に郷愁を惹(ひ)く

詩に出てくる順番通りに周りたかったのですがロスが大きいのでまず琵琶湖東岸から周りました。近江八景位置

まず矢走(やばせ)の渡し 

堆積物で湖岸は随分後退していましたが特別な組み方だという以前の水際の石組みは残っていました。常夜燈の脇の松は枯れ長い年月を思わせます。2015-10-17 15.30.362015-10-17 15.29.392015-10-17 15.28.042015-10-17 15.31.31

次は瀬田の夕べです。遠くに見えるのが「瀬田の唐橋」です。波立つ湖面が夕方の残光で美しく、大学のボート部の学生たちの声が湖面を走ります。

2015-10-17 16.06.082015-10-17 16.07.55

次は石山寺です。紫式部が源氏物語の構想を練ったことで有名なお寺です。近江八景では秋の冷ややかな月の美しさを詠っていますが、訪れたのは夕方で月は見られずしかも時間が遅く拝観も叶いませんでした。

2015-10-17 16.24.362015-10-17 16.29.44

暮れかかる中粟津に周りました。これが大苦戦で湖岸の遊歩道を散歩する地元の方に聞き聞き探しましたが、地元の方も漢詩に詠まれたのがどの辺なのかわからないようでした。この辺りかと思われましたが

2015-10-17 17.02.30

矢走で湖岸が後退していたことを思いだし、少し歩いてみますと交差点にそれらしい表示が

2015-10-17 17.11.26

それで周囲を見回すと工場らしい建物の敷地内に松の大木が一列に植えられているのを見つけました。確かめたかったのですが聞こうにも人通りは全く無くて諦め、ここがそうだと思うことにしました。

2015-10-17 17.26.00

Travel,国内 このページの一番上へ

今治タオル美術館

全国のタオル生産の55パーセントを占めるという今治。ガイド本で「タオル美術館」があると知り、何も情報を得ないままに出かけました。四国から近江へ向かうので少々ロスがありますが、そう何度も訪れることはないだろうという思いから寄り道です。

ガイド本にあったような大型バスがこの山道を通れるのかしらと不思議に思いながらやっと到着です。

2015-10-17 09.06.56

開館前に着いてしまったのでしばらく待っているうちに大型バスが数台姿を現しました。私たちが走ってきた方向とは反対方向からやってくるのを見て、先程の疑問は解消しました。

入り口正面ではタオルで作られたキリンさんがお出迎え。

2015-10-17 09.23.26

タオル生産の工程が見られます。

2015-10-17 09.37.59

壁面は絵が織り込まれたタオルです。

2015-10-17 09.40.012015-10-17 09.51.36

この人形たちも全てタオル地でできていて見応えがありました。

2015-10-17 09.40.18

後で調べてみるとこの美術館は今治のタオル製造業者が造ったものということです。今治ではブランドを守るために業者の組合が厳しい品質管理をしているとのことです。

気が済んだので近江に向かいます。

先日間違えてわたってしまった瀬戸大橋を通過します。

2015-10-17 11.52.39

瀬戸大橋は、上部が自動車道路と下部に鉄道の2段構造になっています。
道路と鉄道の2段構造になっている6つの橋と4つの高架橋をあわせた総延長13.1km(道路鉄道併用部分)は、道路鉄道併用橋では世界最大級です。坂出市HP

橋の途中の与島PAで休憩です。勾配のある円を描いた長い道を降りていくと広い駐車場です。

2015-10-17 11.36.35

Travel,国内 このページの一番上へ

砥部経由道後温泉へ

本日の移動は距離が短く午前中には道後に入り楽しむ予定です。

途中砥部焼きの里を覗いてみました。

砥部焼(とべやき)は、愛媛県砥部町を中心に作られる陶磁器である。一般には、食器、花器等が多い。愛媛県指定無形文化財。別名喧嘩器とも呼ばれる。

後背の山地から良質の陶石が産出されていたことから、大洲藩の庇護のもと、発展を遂げた。

やや厚手の白磁に、呉須と呼ばれる薄い藍色の手書きの図案が特徴。 他窯の磁器と比較して頑丈で重量感があり、ひびや欠けが入りにくいため道具としての評価が高い[1]。 砥部焼の多くは手作り成形のため、全国的に見ても決して大産地や有名産地ではないが、独特の風合いが愛好家に評価されている。

ウィキペディアより

以前友人からお土産にかわいい一輪挿しをいただいて以来機会があればと思っていました。砥部焼伝統産業会館です。

2015-10-16 10.23.08

代表的な図柄はこのようですが

2015-10-16 10.31.24

中には作家物で緻密で華麗な色のものもあって目を惹かれます。

2015-10-16 10.39.36

町内に窯元が散在していますが、多くは小規模のようです。

2015-10-16 11.19.482015-10-16 11.20.24

道後温泉に到着、早めにホテルにチェックインができたので街にくりだします。

まずは何といっても「道後温泉本館」

2015-10-16 16.32.15

今回は2階の「神の湯」です。ここでは浴衣の貸し出しとお茶お菓子が頂けます。お風呂の後浴衣姿で下の道の賑わいを眺めつつ寛ぎました。

2015-10-16 15.18.54

3階には漱石ゆかりの「坊ちゃんの間」があります。

2015-10-16 16.22.07

駅前のからくり時計塔です。以前は見かけませんでしたから新しいもののようです。定時には競り上がってきて窓が開き「坊ちゃん」の登場人物を模した人形が動きます。

2015-10-16 14.53.24 駅前からは大きな商店街が続いています。

2015-10-16 14.57.30

山の上に聳える松山城にはケーブルカーで登ります。案内のお姉さんは矢絣の着物に袴といういでたちです。

2015-10-16 12.40.33

松山城は宇和島城とは大分違って観光客が沢山訪れていました。観光客を迎えるのは松山城のマスコットキャラクター「よしあきくん」です。この城を築城した加藤嘉明に因むそうです。

2015-10-16 13.08.24

Travel,国内 このページの一番上へ

四国最南端足摺岬から宇和島へ

旅行をするとついつい端を極めたくなります。

今回は四国巡りということで最南端の足摺岬は外せません。

本日も好天に恵まれ真っ青な海を背景に白い灯台がくっきりと見えます。

2015-10-15 09.15.172015-10-15 09.05.50

足摺宇和海国立公園の海沿いを宇和島まで北上していきます。

途中「竜串海域公園」に立ち寄りました。柔らかい砂岩の海岸線は風や波に浸食されて蜂の巣のように穴があいていたり、鯨や亀に似た形の岩があったりで楽しめました。

2015-10-15 10.50.372015-10-15 11.21.56

足摺海底館に入場し、海底に泳ぐ魚を見学。

2015-10-15 10.57.372015-10-15 11.08.07

宇和島に到着し「天赦園」へ。ここ天赦園は明治維新直前に宇和島藩主宗紀が隠居所として整備したものだそうで、池泉廻遊式庭園で知られています。

2015-10-15 15.11.012015-10-15 15.00.54

宇和島城への急な坂道を息を切らせて登りました。

2015-10-15 15.46.54

天主から景観です。

2015-10-15 16.01.52

 

Travel,国内 このページの一番上へ
( Page 1 / 14 )12345...»