徒然なるままに日暮し硯にむかひてこころにうつりゆく由なしことをそこはかとなく書きつづればあやしうこそものぐるほしけれ

( Page 1 / 12 )12345...»

大きい~オオマサリ

千葉県八街産落花生「オオマサリ」です。観光農園で掘ってきた掘りたてのオオマサリをいただきました。

近年話題になっているこの落花生は茹でて食べるのがおいしいとのこと、早速圧力鍋で茹で粗熱をとってからいただきました。

大きさは3cmもありましょうか、普通の落花生の2倍はあります。実は柔らかくほんのりとした甘さが口に広がります。余り日持ちはしないようでスーパーでは殆ど見かけません。地元ならではのご馳走でした。

Diary,あれこれ このページの一番上へ

お掃除屋さん タニシ

水槽でタナゴを飼っています。

繁殖期のタナゴのオスはエラとヒレが紅色に変わります。もともとの灰色とのグラデーションが照明の下でとても美しく見とれてしまいます。

水槽での飼育につき物のガラス面についた緑色のコケの掃除は一仕事ですが、最近はこの手間が解消されました。

それは

そうです、このタニシの仕事です。最近水槽の新しい住人になりました。ガラス面のコケだけでなく、タナゴに与えた餌の残り、水中の浮遊物なども食べているらしいです。もしかしたらタナゴの糞も。

食べられるとは聞いていましたが、こんな役割も果たしているのですね。

Diary,あれこれ このページの一番上へ

ネモフィラの丘 ひたち海浜公園

テレビで何度も目にしていたネモフィラに埋め尽くされた景色が見たくて早朝日立に向けて出発、開園前何とか到着しました。50人ほどが列を作っていました。

お目当ての「みはらしの丘」に向かいます。

広大な園内を15分ほど歩くと見えてきました。

丘の頂上に向かって人の列が続いています。

写真右上方に海が見えます。丘を登りきると眼前に海が広がり心地よい風が吹き抜けていきます。

ネモフィラの海にあのナガミヒナゲシが。

フラワーガーデンでは木漏れ日の中でチューリップが咲いていました。終わりに近くはなっていましたが、新緑とのコントラストが見事です。

 

Diary,あれこれ このページの一番上へ

八重桜満開 新宿御苑

2年前に新宿中村屋ビル内にオープンした「中村屋サロン美術館」で催されている「中村彝生誕130年記念~芸術家たちの絆展」に出かけ一時を過しました。中村屋の創始者相馬愛蔵・黒光夫妻が支援した若い芸術家たちの作品が展示されています。小さなマグネットを記念にといただきました。

帰りに新宿御苑を散策。ソメイヨシノは既に葉桜になっていましたが、ヤエザクラが見ごろです。

主力品種のイチヨウ(一葉)は柔らかいピンクです。

僅かに緑色を帯び薄いクリームとピンクのグラデーションが美しいウコン(欝金)

濃いめのピンクが豪華なカンザン(寒山)

 

Diary,あれこれ このページの一番上へ

稀勢の里アイス

稀勢の里の優勝が話題になった時に偶々TVで、出身地牛久の様子が放映されていました。それでドライブがてら牛久に出かけました。

途中まだ一度も見たことがない「牛久大仏」を見学。120メートルの大きさでエレベーターで展望台にも昇れるそうです。

牛久の駅から程近いところにTVでみたお店発見。

TVで見た店主のお姉さんが描いたものだそうです。なかなかの腕前です。

遅いランチを摂りながらその方と少しお話しましたら「サービス期間は終わったのですが」と言いながら、アイスクリームをサービスしてくれました。

あら、負けた時の顔かしら?

Diary,あれこれ このページの一番上へ
( Page 1 / 12 )12345...»