( Page 1 / 109 )12345...»

シュウメイギク 秋の風に揺れて

シュウメイギクはコスモスと共に秋の庭のイメージにぴったり合うように思います。尤もコスモスは改良されて花の時期が調節できるようになり季節感はやや薄れました。

夏の終わりに花の少なくなった庭にひっそりと咲く繊細なイメージがありますが、なかなか逞しくて根づけばあちこちから芽を出し、沢山の花をつけます。この白の一重は最も丈夫だそうです。

花びらのように見えるのは萼片で、花弁は退化しています。

堂々 アンドレ・ル・ノートル

今年の春の終わりに数本の新苗を入れましたが、そのうちの一つ「アンドレ・ル・ノートル」が開花しました。

蕾は柔らかなサーモンピンク、底がいくらか杏色がかっています。

開きかかると濃厚な香りと共にピンクが濃くなりました。

爽やかな秋空の下満開になり、中心の杏色が濃くなってその花径は10cm以上に及ぶ堂々としたハイブリッドティーです。分類は半剣弁ロゼット咲きでいくらかアンティークタッチに見えます。

アンドレ・ル・ノートルとは17世紀のフランスの造園家で、かのヴェルサイユ宮殿の設計者として知られています。

アンドレ・ル・ノートルが設計した庭といえば、2009年に訪れたスエーデンのドロットニングホルム宮殿を思い出します。

2001年 フランス メイアン

季節が巡って

猛暑の夏も涼風が立つ頃には何だか懐かしくなるのはおかしなものです。

庭の草むしりでもしようかという気持ちにもなり、隅の方に行ってみると微かな香りがします。

銀木犀の花がひっそりと咲いています。

オレンジ色の花で強い香りがする金木犀とはやや趣を異にしている銀木犀。花はクリーム色で花数は少なく香りも仄かです。金木犀は実はこの地味な銀木犀の変種だというのはちょっとした驚きです。

そして花の傍で幾つかのせみの抜け殻を発見しました。この殻の主はもう命を落としていることでしょう。植物も動物も自然の中で季節の流れに従っているのだと感じます。

プラハ 街歩き

中世ヨーロッパの雰囲気を色濃く残す街・・・とずっと憧れてきたプラハです。

プラハ城はその敷地内に多くの建物を擁する集合体だという事を始めて知りました。

まず入城するためにパスポートチェックがありました。少々緊張しましたがなんと言うこともなく通過。

プラハ城の城門には左右に衛兵の姿があります。この兵隊さんはいかめしい顔をしていますが、写真を撮り終わって「サンキュー」と挨拶すると薄く笑ってくれました。本当は笑ってはいけないのでしょうね。お邪魔してごめんなさい。

ゴシック様式の聖ヴィート大聖堂は、プラハ城内に建つ非常に厚い信仰を集める教会でありチェコの歴代王の戴冠式に使用した宝物が保管されているとのことです。

有名なミュシャのステンドグラスです。その美しさに圧倒されます。

簡素な建物ではありますが多くのひとの信仰を集める聖イジー教会です。

城内の見晴台から望んだプラハの街並みです。ところどころに高い建物もありますが、統一された美しい街並みです。

旧王宮前を通過して

ここは黄金の小道と呼ばれ、その謂れは錬金術師が住んだことからだそうです。錬金術などと聞くといかにも中世らしい、その辺から黒いマントを纏った人が現れそうな気がしてきます。

今はお土産屋さんや、当時の人々の暮らしを伝える博物館のようになっていました。

王宮と旧市街を結ぶカレル橋の両サイドには聖ビートを始めとする30体の聖人像が建っています。

この中で聖フランシスコザビエルを支える4人の中に日本人がいるというので探してみました。下の段左側だそうですが日本人とみるには少々無理が・・・。

      橋上の喧騒をよそにヴルタヴァ川はただゆったりと流れています。

旧市街に戻りカフェで一休み。初夏の日暮れを楽しむ人たちが思い思いに寛いでいます。

暑い上観光客でごったがえしていて私のイメージしていたプラハとはちょっと違いましたが、私が勝手にイメージしていただけでしたし季節や時間で街も趣を変えるのだと思い直しました。

世界一美しい町 チェスキークルムロフ

チェコの南部にあるチェスキークルムロフは

チェコ南ボヘミア州の小さな都市。クルムロフ城を含む優れた建築物と歴史的文化財で知られる。クルムロフは「川の湾曲部の湿地帯」を意味し、ドイツ語のKrumme Aueをその語源とする。チェスキーは、チェコ語で「ボヘミアの」という意味であり・・・ウイキペディアより

丘の上に建つチェスキークルムロフ城は町の何処からも望める町のシンボルであるようです。

この城は領主が何代も変わりその都度改築増築によっていろいろな建築様式が残っているそうです。中庭を囲む建物の壁面は石による凹凸があるように見えますが、これは壁面全体に描かれた模様です。街中にも同じような壁面の建物がみられ面白いと思いました。

中庭を囲む建物の壁面は石による凹凸があるように見えますが、これは壁面全体に描かれた模様です。漆喰を塗りまだ乾かないうちに色をつけていくというフレスコ画と同じ技法です。平面に描いてあるのに陰を描くことにより凹凸があるように見えます。レリーフのように石に高低がある訳ではありません。

街中にもお城の壁面と同じような壁面の建物がみられ面白いと思いました。こちらは新しくて色も落ちていないのでより凹凸が感じられます。 城内から町が一望できました。可愛い赤い屋根が並んでいて絵本に見る町のようです。

城の堀で飼われている熊さんです。

歴史の波の中で打ち棄てられていた時代があったようですが、それがかえって古きよきものを残すことに繋がって「世界一美しい町」と言われるようになったのかもしれません。

日が暮れてくるとチェスキークロムロフ城のライトアップが始まります。闇の中に浮かぶ幻想的なお城にしばし時を忘れました。

( Page 1 / 109 )12345...»