( Page 1 / 105 )12345...»

初めまして マジェンタスカイ

今年1番の薔薇が咲きました。以前毎年1番だったつるコンフィダンスは幹に虫が入って枯れた後レオナルド・ダ・ヴィンチが、昨年はソニャドールが一番乗りでしたが、ここでまた交代のようです。待ち望んでいる時に咲く花はその分印象が強いものです。

昨年の春に新苗で求め1年かかってやっと花を見ることができました。花径7~8cmの半八重咲きで香りは強くはありません。名前の通り色はマゼンタピンクですが、咲き進むとワインレッドに最後は青みを帯びるというのでその変化が楽しみです。

2010年 オランダ

八重桜満開 新宿御苑

2年前に新宿中村屋ビル内にオープンした「中村屋サロン美術館」で催されている「中村彝生誕130年記念~芸術家たちの絆展」に出かけ一時を過しました。中村屋の創始者相馬愛蔵・黒光夫妻が支援した若い芸術家たちの作品が展示されています。小さなマグネットを記念にといただきました。

帰りに新宿御苑を散策。ソメイヨシノは既に葉桜になっていましたが、ヤエザクラが見ごろです。

主力品種のイチヨウ(一葉)は柔らかいピンクです。

僅かに緑色を帯び薄いクリームとピンクのグラデーションが美しいウコン(欝金)

濃いめのピンクが豪華なカンザン(寒山)

 

ピンクと白のグラデーション アンジェリケ

2002年 チューリップ・オブ・ザ・イヤーを受賞した「アンジェリケ」

数年前にその存在を知り、ボリュームのある花姿と優しいピンクの色合いに惹かれて植えました。

普通のチューリップよりやや遅く咲き始めます。庭植えよりも早く咲いた鉢植えのアンジェリケです。蕾のうちはほぼ白く、咲き始めはうっすらピンク、先進むに従って濃いピンクへと変化するのも楽しいです。花は八重で豪華ですが草姿は小ぶりで程よくまとまっています。

丈夫で長持ち 水仙

十杷一絡げに水仙と言っても実は沢山の種類があるそうです。手入れもせず庭の片隅で咲くこの水仙はラッパ咲き水仙キングアルフレッドのようです。

ラッパ咲きスイセンは1茎1花で、副花冠の長さが花被片と同じかそれよりも長いものをいい、通常ナルキッススと呼ばれるスイセンに対しラッパスイセンはダファデイルと呼ばれていたり、復活祭前のレントのころ咲くのでレントリリーと呼ばれたりします。

下の白い水仙は花弁の形と副花冠の形状が微妙に違うように見えます。

稀勢の里アイス

稀勢の里の優勝が話題になった時に偶々TVで、出身地牛久の様子が放映されていました。それでドライブがてら牛久に出かけました。

途中まだ一度も見たことがない「牛久大仏」を見学。120メートルの大きさでエレベーターで展望台にも昇れるそうです。

牛久の駅から程近いところにTVでみたお店発見。

TVで見た店主のお姉さんが描いたものだそうです。なかなかの腕前です。

遅いランチを摂りながらその方と少しお話しましたら「サービス期間は終わったのですが」と言いながら、アイスクリームをサービスしてくれました。

あら、負けた時の顔かしら?

( Page 1 / 105 )12345...»