数メートルに達するつる性の枝を多数発生させる。 アーチやフェンスにからませて楽しむ。花の大きさは様々で大、中、小輪があり、開花期も一季咲き、四季咲きがある。

( Page 1 / 6 )12345...»

ピエール・ド・ロンサール美しく逞しく

春先に蕾の殆どが虫害にあい泣く泣く摘蕾したピエール君が、再度蕾を持って咲き始めました。

咲き始めは外側の花弁がやや緑色を帯び咲き進むとクリーム色に変わっていきます。この繊細な花の色を持つと同時に花弁はやや厚くしっかりとしています。美しさと強さがこの薔薇の身上だと改めて感じます。

ピエール・ド・ロンサールはフランスルネサンス期の詩人で「抒情詩の父」と呼ばれた人だそうです。貴族の出身、10代の後半方耳の聴力を失いました。ガーデニングが好きでその作品の中に「ばら」と題する詩がありその一節に

酒にばら そそがなん、
そそがなん、酒にばら。
つぎつぎに 飲みほさん、
飲むほどに 胸深き
悲しみは 消えゆかん。

美しき 春のばら、
教えるよ、オーベール、
この時を たのしめと、
若き日の、青春の、
花の間を たのしめと。(井上究一郎訳) とあります。

没後400年以上も経て自分の名前を冠した薔薇が世界中で植えられるなんてうれしいことでしょう。

 

1988年 フランス メイアン

My Garden,Roses,クライミングローズ このページの一番上へ

初めまして マジェンタスカイ

今年1番の薔薇が咲きました。以前毎年1番だったつるコンフィダンスは幹に虫が入って枯れた後レオナルド・ダ・ヴィンチが、昨年はソニャドールが一番乗りでしたが、ここでまた交代のようです。待ち望んでいる時に咲く花はその分印象が強いものです。

昨年の春に新苗で求め1年かかってやっと花を見ることができました。花径7~8cmの半八重咲きで香りは強くはありません。名前の通り色はマゼンタピンクですが、咲き進むとワインレッドに最後は青みを帯びるというのでその変化が楽しみです。

追記  こんな色になりました。

2010年 オランダ

My Garden,Roses,クライミングローズ このページの一番上へ

一番乗り レオナルド・ダ・ヴィンチ

 庭の入り口のアーチに絡ませた「レオナルド・ダ・ヴィンチ」が咲きました。高めのアーチで空に向かって咲いた花を数日気づかずにいました。今年は消毒を早めにしたので今のところなかなか良い具合です。

毎年一番に咲いていたのはコンフィダンスでしたが、虫が入って枯れてしまったので今年からは選手交代です。 

1994  フランス メイアン

My Garden,Roses,クライミングローズ このページの一番上へ

愛らしい レオナルド・ダ・ヴィンチ

ガレージから庭に抜ける入り口のアーチに絡ませた「レオナルド・ダ・ヴィンチ」が満開になりました。

濃い目のピンクでアンティークタッチの中輪の愛らしい花が下を向いて咲いています。下から見ることのできるアーチにうってつけの薔薇と言えます。枝も余り太くならないので扱いやすいです。クレマチスのホワイトエンジェルも一緒に絡ませていますが、残念ながら花の時期が合いませんでした。   

           1994  フランス メイアン

My Garden,Roses,クライミングローズ このページの一番上へ

大きな株になりました すみれの丘

「すみれの丘」が我が家にやってきてから5年経ちます。樹勢は普通ということなのになかなか育たず毎年花はつけるものの満開という感じにはなりませんでした。昨年大分新梢が出て今年はGOODです。ただし、一緒にからませていた「新雪」に虫が入って枯れたため陽射しをもろに浴びて青い色は見られそうにありません。つる薔薇は上を向いて撮るので逆光になってしまいます。

2004 日本 小林森冶

My Garden,Roses,クライミングローズ このページの一番上へ
( Page 1 / 6 )12345...»