( Page 4 / 121 )«...23456...»

華やかヒラヒラ 甘い微香も

昨年咲いたのとは別種のジャーマンアイリスの花が咲きました。

ジャーマンアイリスは虹の花(レインボーフラワー)とも呼ばれるように、色とりどりの花を咲かせ、アイリスの仲間では最も華やかで、非常に多くの品種があります。ヨーロッパに野生する自然交雑種ゲルマニカをもとにして、ほかのいくつかの原種も取り入れて交配育成が行われた系統です。ビアデッドアイリス(ヒゲアイリス)の類に含まれ、花弁のつけ根の近くにブラシのように毛が密生しているのが特徴です。(NHKみんなの趣味の園芸)

鮮やかななす紺の花弁が風で揺れている姿は優雅です。

その特徴であるというブラシのようなものが見えます。

たった一輪 それでも香り高く 

毎年何本かの薔薇を枯らせてしまいますが、以前に咲いていた薔薇の中で記憶に残っているのは、香りの薔薇です。

オクラホマは記憶の薔薇の1本で、ビロード赤の大輪の薫り高い薔薇でした。3年ほど前にツルのオクラホマをみつけて購入しました。HTよりも花数があるだろうという期待がありました。昨年元気なシュートを伸ばしたのですが、春先に新芽を多分バラゾウムシにやられて助かった花は一輪でした。昨年も一輪しか見られませんでした。場所が良くないのかもしれません。

たった一輪ですが、強い香りと黒薔薇と称される深いビロード赤の大輪は存在感十分です。

1964年 アメリカ Swim&Weeks

育ち盛り マジェンタスカイ

今年3シーズン目を迎えてすこぶる元気なマジェンタスカイ。うどん粉病や黒点病に比較的弱いとの情報がありますが、この場所が気に入ったらしく特別心配な状態はありません。

つる薔薇に分類されますが、ブッシュ状に剪定してあります。

こういう房が7房もできて一房で20輪くらいの蕾がつき長い間楽しめそうです。そして最初の花がいよいよ開花です。

丸弁半八重でウエーブがかかり外側に白が僅かにはいる花弁はなかなかお洒落です。

一輪咲いただけで強い香りが周囲に漂います。咲き始めは鮮やかな赤紫色で先進むに従ってグレーがかった紫色に変化、一房でそのグラデーションを楽しむことができます。

2010年 オランダ インタープランツ

柔らかなイエロー ゴールドバニー

ふと気づけば庭に黄色の薔薇は1本しかありません。それで園芸店で簡単に手に入るポピュラーな薔薇を購入しました。

早咲きらしく早くから蕾が色づき本日開花しました。

ゴールドバニーとは金色のウサギという意味合いでしょうか、ちょっとイメージするのが難しいです。色はソフトでまた香りは微香で主張しすぎず何処にでも収まりそうです。花弁の先が僅かに波打っているのも柔らかい雰囲気を作っています。

1978年 フランス メイアン

薔薇の季節到来です。

令和最初の日、雨上がりの朝いつもと同じように庭に出ますとなにやらあかいものが見えます。

咲いていました。

これはアルティッシモというつる薔薇の咲きかけた花です。雨の粒を乗せた瑞々しい、花として最も美しいときの姿に思わず見とれてしまいます。

私の庭の薔薇の中でも古参の薔薇で、植えてから30年近くにはなるでしょう。樹勢はすこぶる強く、強い剪定にも耐え毎年太いとげとげのシュートを伸ばします。花は一重の大輪で香りは殆どありませんが、くりかえしよく花をつけてくれます。

夕方には咲ききって中の黄色いしべが見えています。この赤と黄色のコントラストにインパクトがあります。

1966年  フランス  デルバール社

( Page 4 / 121 )«...23456...»