薔薇はその花の形、花弁の艶、香り、華やかな雰囲気から花のクィーンと言えるのではないでしょうか。蕾が開き始める時に花弁が作るスパイラルの美しさには心を奪われます。

( Page 3 / 28 )12345...»

育ち盛り マジェンタスカイ

今年3シーズン目を迎えてすこぶる元気なマジェンタスカイ。うどん粉病や黒点病に比較的弱いとの情報がありますが、この場所が気に入ったらしく特別心配な状態はありません。

つる薔薇に分類されますが、ブッシュ状に剪定してあります。

こういう房が7房もできて一房で20輪くらいの蕾がつき長い間楽しめそうです。そして最初の花がいよいよ開花です。

丸弁半八重でウエーブがかかり外側に白が僅かにはいる花弁はなかなかお洒落です。

一輪咲いただけで強い香りが周囲に漂います。咲き始めは鮮やかな赤紫色で先進むに従ってグレーがかった紫色に変化、一房でそのグラデーションを楽しむことができます。

2010年 オランダ インタープランツ

My Garden,Roses,クライミングローズ このページの一番上へ

柔らかなイエロー ゴールドバニー

ふと気づけば庭に黄色の薔薇は1本しかありません。それで園芸店で簡単に手に入るポピュラーな薔薇を購入しました。

早咲きらしく早くから蕾が色づき本日開花しました。

ゴールドバニーとは金色のウサギという意味合いでしょうか、ちょっとイメージするのが難しいです。色はソフトでまた香りは微香で主張しすぎず何処にでも収まりそうです。花弁の先が僅かに波打っているのも柔らかい雰囲気を作っています。

1978年 フランス メイアン

My Garden,Roses,フロリバンダローズ このページの一番上へ

薔薇の季節到来です。

令和最初の日、雨上がりの朝いつもと同じように庭に出ますとなにやらあかいものが見えます。

咲いていました。

これはアルティッシモというつる薔薇の咲きかけた花です。雨の粒を乗せた瑞々しい、花として最も美しいときの姿に思わず見とれてしまいます。

私の庭の薔薇の中でも古参の薔薇で、植えてから30年近くにはなるでしょう。樹勢はすこぶる強く、強い剪定にも耐え毎年太いとげとげのシュートを伸ばします。花は一重の大輪で香りは殆どありませんが、くりかえしよく花をつけてくれます。

夕方には咲ききって中の黄色いしべが見えています。この赤と黄色のコントラストにインパクトがあります。

1966年  フランス  デルバール社

My Garden,Roses,My Garden,Roses,クライミングローズ,未分類 このページの一番上へ

なぜかタイガーテール

庭の薔薇は一番花、二番花も終わって夏はその後の花弁数が減り小さくなった花がちらほら咲いています。

3週間ほど前に京成バラ園に行きましたら、今を盛りとばかりに咲いている鉢薔薇がありました。それもセールで何と1000円!いまどきこんなに鉢一杯に咲いているなんてと思わずフラフラと買い求め庭に下ろしました。

オレンジに近い明るい赤色に白の絞りです。そしてこの薔薇の名前は「タイガーテール」 え、トラの尻尾?

もしトラの尻尾なら薔薇としては随分無粋なネーミングと思い、あちこち調べてみましたが回答となる記事は見つかりませんでした。

1991年 アメリカ クリステンセン

My Garden,Roses,フロリバンダローズ このページの一番上へ

ピエール・ド・ロンサール美しく逞しく

春先に蕾の殆どが虫害にあい泣く泣く摘蕾したピエール君が、再度蕾を持って咲き始めました。

咲き始めは外側の花弁がやや緑色を帯び咲き進むとクリーム色に変わっていきます。この繊細な花の色を持つと同時に花弁はやや厚くしっかりとしています。美しさと強さがこの薔薇の身上だと改めて感じます。

ピエール・ド・ロンサールはフランスルネサンス期の詩人で「抒情詩の父」と呼ばれた人だそうです。貴族の出身、10代の後半方耳の聴力を失いました。ガーデニングが好きでその作品の中に「ばら」と題する詩がありその一節に

酒にばら そそがなん、
そそがなん、酒にばら。
つぎつぎに 飲みほさん、
飲むほどに 胸深き
悲しみは 消えゆかん。

美しき 春のばら、
教えるよ、オーベール、
この時を たのしめと、
若き日の、青春の、
花の間を たのしめと。(井上究一郎訳) とあります。

没後400年以上も経て自分の名前を冠した薔薇が世界中で植えられるなんてうれしいことでしょう。

 

1988年 フランス メイアン

My Garden,Roses,クライミングローズ このページの一番上へ
( Page 3 / 28 )12345...»