( Page 111 / 119 )«...109110111112113...»

現地6日目 世界のマイセンへ(ピルニッツ泊)

前日の夕方期待の古城ホテルに辿り着き、疲れた体に鞭打ってピルニッチ宮殿の庭やエルベ川のほとりを散策しつつ周辺偵察。前日に立てた計画通りに行動開始。

マイセンへは船便もあるが時間がかかるので列車を利用、対岸へはフェリーで渡る。矢切の渡しくらいの川幅にフェリーとは大げさな。車5~6台は乗れそうなのでやっぱりフェリーか。お客が来たら「おーい、船が出るぞー」みたいな運航。乗船約5分。

対岸からはバスで最寄の駅へ。ドレスデン経由マイセンへ。駅からエルベの橋を渡り旧市街へ15分歩いてマイセン磁器工場へ。近代的な大きな建物で観光客が多い。日本語のガイドを借り、20人位のグループで工場見学。ジャパニーズは我々のほかに中年の夫婦が一組。製造工程に従って工場内を周っていく。観光客向けの作業をする職人がいて手を動かしながら説明してくれる。絵付けの行程ではおなじみの絵柄もあり、何だかうれしい。

ここは公営のためか品質保持のためかB級品の販売はない。実はそれを期待していたのでがっかり。貧乏旅行者としては破格の大枚を投じて小さい絵皿を購入。この薔薇も一筆一筆あの職人が描いたと思えば愛着が湧くでしょう。

ピルニッツに戻ると土曜日の為か宮殿の庭を散策する人の姿があった。夕食は予約したホテルのディナーを。二人ともこの時のために準備した正装?でテーブルにつきいただいたのでした。 

 

 

現地5日目 エルベの宝石 ドレスデンへ(ピルニッツ泊)

4泊したホテルを8:45チェックアウト、9:00発のS8で空港へ。9:40空港着。第2ターミナルでまごまごしていたらルフトハンザの日本人現地スタッフが自動発券の方法をおしえてくれる。11:15 ミュンヘン空港発 LH―1070  2:15 ドレスデン空港着。予定通りのフライトでドレスデン着。

空港から市内までバスでの移動だが、チケットの買い方がわからず運転手に聞いたが彼はこちらの英語?を理解せず途方にくれる。乗客の中の東洋系の若者がみかねて面倒を見てくれました。ありがとう!渡る世間に鬼はなし。

20分の乗車で中央駅着、コインロッカーに荷物を置いて出陣です。プラガー通りからツヴィンガー宮殿へ。建物は18世紀に建てられたドイツ屈指のバロック建築で荘厳なものであり、内部の収集品も素晴らしい。陶磁器博物館は中国や日本の陶磁器それも大きいものが多く目を奪われる。もちろんマイセンのものも。5時にマイセンのカリヨンが奏でる鐘の音を聴いたが、焼物としての価値が勝るかも。

ドレスデン城内のザクセン王家のコレクションもまた素晴らしい。中でも5000個近くのダイヤが使われているという「ムガール帝国皇帝の宮殿」は凄い!宮殿に貢物をもってくる沢山の人々、それぞれが輿のようなものに乗り供を従えている。その情景が1M四方の箱庭のミニチュアで再現。うなりましたね。オパールの原石からくりぬいて作ったフラスコこれも桁外れ。指輪なら1000や2000は作れそう。

有名な「君主の行列」をチラッと見てブリュールのテラスへ。そこから聖母教会らしき建物を眺めて終了。多分20000歩近くは歩いたでしょう。

古城ピルニッツに併設されたホテルに向かう公共交通機関は複雑で自力で向かう余力なし。タクシーを使う。


         

現地4日目 ザルツブルグへ(ミュンヘン泊)

7:26発のIC161に乗り9:04ザルツブルグ着。駅構内のインフォメーションでザルツブルグカード購入。 中でジャパニーズのカップルにあう。なんだかほっとするなぁ。

街は復活祭にかかり商店のウインドウには彩色されたり金銀で装飾された卵が所狭しと並べられている。クリスマスツリーのようにもみの木に沢山の卵がぶら下がっていて壮観。また凝ったデザインの鉄のアングルに商店の看板が下がり、これもまた雰囲気のある街並みを飾る。

レジデンツまではケーブルカーで急な斜面を上っていく。町で一番の高台に建つレジデンツからザルツブルグの街が一望できる。帰りの道で、路上チェスをやっているおじさんをみた。大きな木製の駒を動かしてのゲーム。日本の縁台将棋のようなものかしら。

モーツァルトの生家は真黄っ黄。沢山の観光客で溢れていた。モーツァルトの肖像が描かれたチョコレートを二人で沢山買い込んだ。それにしてもガイド本やネットの情報にあった巨大スフレザルツブルグノッケールってどこで食べられるの?せっかく現地に来たというのに。

サウンドオブミュージックの舞台で有名なミラベル庭園へ。雪を頂いた山が見えていました。

 

 

現地3日目 始祖鳥のオリジナル化石を見にアイヒシュタットへ(ミュンヘン泊)

明日のお天気が怪しいらしいので日程変更。今一様子がわからないアイヒシュタットで降られるのはかなわんので。

きょうはレールパス不使用の日なのに忘れていて発車数分前に気がつきチケットを買いに駅構内を走る。ミュンヘン発7:30 アイヒシュタット駅へ。この駅はすぐ後ろが崖で何もない。

      

ここからアイヒシュタットの町まで2両編成の列車に乗って約10分、アイヒシュタットbhに到着。

     

インフォメーションを探しジュラ博物館を教えてもらう。

ジュラ博物館は小高い丘の上に建っている古い僧院に併設されていて、そこまでだらだら坂を上っていく。途中に博物館らしく動植物の説明のプレートが。

4月になっているというのに冷たい風が体を吹き抜けていく感じ。下着シャツセーターその上に防寒ジャケットを重ねてもなお寒い。鉛色の低い空から雪がパラパラと降ってきた。日本の厳寒期2月初旬頃にたまにこんな寒い日があるけれどそれもこのところの暖冬で忘れかけていた身に辛いこの寒さ・・・。

坂を登りきり古い僧院の建物へ。当時のままの石積みの真っ暗なトンネルの通路から中庭に出るとめざす博物館が。

     

始祖鳥のオリジナル化石を求めてたどり着いたジュラ博物館、相棒によると、小規模ながら充実しているとのこと。情報を集めるのに苦労したけれど期待に応えてくれてよかったよかった。始祖鳥の化石は立派なガラスケースに収まり弱い照明があてられていた。大きさはカラス位。

              

13:05アイヒシュタットbf発15:45ミュンヘン着。

夕方市内に繰り出して、6時にミュンヘン市庁舎のからくり人形を見物。

     

レストランで夕食を摂る。「おいしいビール」と注文してでてきたビールがこくがあっておいしい。ウエイターに銘柄を聞くと「ヘレス」と教えてくれた。

現地2日目 ノイシュバンシュタイン城へ

晴れのミュンヘンをスタートしたがフュッセンに近づくにつれて雲いきが怪しくなってくる。駅前からホーエンシュバンガウ村まではバスだが、乗り場がいくつかあってまごまごしていたら、東洋系のどこかチェジュウ似の年のころ三十代後半?の女性が笑顔で教えてくれた。聞けばコリアンとのこと。ホーエンシュバンガウ城とノイシュバンシュタイン城の見学では彼女とつかず離れずの距離で同行。

ルードヴィヒ二世は浪費家と言われて評判は芳しくなかったそうだか、皮肉なことに今彼が浪費したノイシュバンシュタイン城は観光資源になっている。彼は180cmのハンサム?だったが、41歳で謎の死を遂げる・・・。

ノイシュバンシュタイン城の入場はチケットにより時間が指定されていて門前で待っているときに雨に降られる。傘を使うことって今までなかったことだ。フランス人中年女性に話しかけられたがどうも在日2年といっているらしい。それにしては日本語が・・・。

場内は撮影禁止で薄れた記憶を辿れば、王のベッドに施されていた木彫が素晴らしかったことが印象に残る。ガイド本を読み直すと王座の間のシャンデリアが見所とあるが記憶がない・・・。

写真でよく見るノイシュバンシュタイン城はいわば裏側でまた急な坂道を登らないと撮影スポットに行けないことがわかった。

( Page 111 / 119 )«...109110111112113...»