第14回国際バラとガーデニングショー

初夏らしい好天に恵まれた土曜日、西武ドームで毎年開催されている「国際バラとガーデニングショー」に出かけました。

すり鉢状になっている会場まで降りていく時はいつも心が逸ります。しかし今年は少し人が少ない感じがしました。開催期間が今までより長くなった所為でしょうか。

心に残った薔薇いくつかの写真をアップします。

まず今回第1の目的だった「ベルサイユのバラ」です。フランスのメイアン社で作出されこのガーデニングショーで初お目見えです。

 

深い赤のベルベットの艶といい整った形といい「ばら~~~」という感じです。展示されていたオスカルの衣裳と通じる華やかで重厚なものです。

会場の入り口に配置された育種家河本純子さんのコーナーの「エバンタイユ・ドール」花弁のひらひらと茶系の色が素敵です。

 

 

これは京成バラ園の「しのぶれど」です。青バラに分類されますが、色は薄い藤紫とでもいいましょうか。ネーミングは百人一首に収録された平兼盛の「しのぶれどいろにでにけりわがこひはものやおもふとひとのとふまで」からとられたということです。短歌の意味するところと色の雰囲気が合っているように思えました。

シンボルガーデン、キャス・キッドソンの「秘密の庭」の周囲は二重三重に並ぶ入場の人たちで溢れています。入場は諦めました。

 

日本を代表するガーデナーの作庭を二つ。テーマはドラマチックガーデンです。

ケイ・山田さん

 

吉谷桂子さん

 

Diary,あれこれ このページの一番上へ

コメント

  • anneさん、こんにちは。

    行ってらしたのですね~
    バラがお好きなanneさんは、さぞかしわくわくされたことでしょう。
    私は、NHKのテレビで見ていました。 もう、憧れのお庭でいっぱいですね。
    有名ガーデナーのお庭は、私の憧れです。 素敵ですね。
    ベルサイユのバラもテレビで見て、深紅色と形が何とも言えず綺麗で、うっとりしてしまいました。薄茶色のバラは、初めてみましたが、私好みです。
    いつか、私も行ってみたいと思います。
    色々と見せていただき有難うございました。

  • 先生、ありがとうございます!
    「ベルばら」は意外に背が高くて、ちょっとイメージと違いました…(汗;
    「しのぶれど」は、ネットで見るたびに、注文しようかどうかずーっと迷っているのですが、やっぱり素敵ですね。。。
    今回は二日間行ってきましたが、仕事だったのでゆっくり見て回る時間がなく、フラストレーションが溜まる溜まる…
    帰り際に「欲しい!」と思ったバラを急いで写真におさめたものの、名前が分からないという大失態(涙)

  • アンさん コメントありがとうございます。

    私がバラを庭に植え始めてから20年以上経ちますが、バラに惹かれるのは今でも変わりません。
    このガーデニングショーでアーチに絡ませたり、レンガ塀に沿わせたりしているバラが主役の庭を見るのはとても楽しいものです。
    一昨年は「トットちゃん」というバラが発表され、今年は「ベルサイユのバラ」です。新しいバラを間近に見る貴重な機会でもあります。

    アンさんも機会があれば是非お出かけになってください。花好きのアンさんですからきっと楽しめることと思います。

  • セザンヌさん こんばんは。
    コメントありがとうございます。

    おかげさまで「バラとガーデニングショー」を楽しませていただきました。
    「ベルバラ」というネーミングと色や花の形はイメージ的にはぴったりの感じがしました。香りは想像とは少々違いましたが。
    背の高さは株作りの段階で調整できるのではないでしょうか。

    2日間も通ったのにゆっくり見られなかったのは気の毒・・・。

コメントをどうぞ

次のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL

当サイトのURLを含まないトラックバックはスパムと見なします。